双極性障害は鬱状態と躁状態を繰り返す気分障害

花

原因は何?

双極性障害となる原因は、具体的に解明はされていないと言われています。
その理由としては、人によって何が原因で起こるのかを断定できないからになります。
それに、誰でも抱えてしまう可能性がありますので、自分は大丈夫と思っていても抱えてしまうことだってあります。

鬱病に関しては、ストレスなどで起こることがありますが、双極性障害に関してはストレスが原因ではないとも言われています。
このような精神疾患というのは、脳などの影響で起こると言われていますが、双極性障害に関しては体的な側面が強いというのがあります。
ですから、治療方法に関してもカウンセリングや精神療法などで徹底的に治療することはできないのです。
最近では、躁鬱をコントロールする為の薬があり、それで様子を見ながら治療するというのは主流になっています。

ですが、鬱病とは違って両極端の症状が出てきますので、治療する際には十分に注意して行うことになります。
これは、家族や友人などの周りの人間も病気のことを理解しておかないといけません。
人によっては、急に死に至る行為を行ってしまう人もいますので、こういったことを避けるようにするには普段から本人の様子を見ておくことが必要になります。
鬱状態であれば、カウンセリングなどで話をすることはできますが、躁状態の場合は明らかにテンションがおかしいので話ができない状態になることもあります。
こういった状況で放っておくと、後に大事故へ繋がることがありますので、しっかりと改善するには周りの人間も治療に協力する必要があります。