双極性障害は鬱状態と躁状態を繰り返す気分障害

花

治療方法

双極性障害の治療方法は、人によって異なります。
その理由は、この病気を克服して普通の生活に戻ることができるかどうかを判断する必要があるからです。
それに、鬱状態と躁状態の治療方法は異なりますので、どちらを優先した治療するかによって方法が違います。

鬱状態の治療というのは、鬱状態から抜け出す為の治療になります。ですが、ずっと鬱状態が続くわけではないので、鬱状態に対しての治療を行っていても途中でリセットされてしまうことがあります。
ですから、そういったところを判断するには、鬱状態または躁状態のどちらかが治ってからどうやって治療するかを考える必要があります。
それに、この病気は治ったと思っていても再発することが多いので繰り返してしまうことが多いのです。そうなると、社会的なダメージが本人にはきますし、周りの人間もどのように扱えばいいのかわからなくなってしまいます。
では、どうやって治療を行うのかといえば、鬱状態でも躁状態でも関係なく服用できる薬を飲み続けることです。
薬を飲み続けることは、体に負担がかかると言われていますが、現代の薬はそういった負担を最小限に抑えて開発しています。
だからこそ飲み続けたとしても、体に負担はかかりませんし、双極性障害を完治させることができます。

しかし、人によっては薬を飲み続けていて、症状が治まったから自己判断で飲むのをやめてしまう人がいます。
そうなれば、完治しかけていた双極性障害が再発するということになって、何度も繰り返し症状が起こるという状況になります。
このようなことが何度も続くと、普段の生活で大きなハンディキャップを抱えてしまうことになります。それに、仕事も上手くできない状態になりますので人によっては家から出られないということも起こります。
ですから、この病気を完治させたい人は薬を処方されている間は、用量を守って飲み続けることをお勧めします。